• トップ
  • 盛岡三大麺
  • 盛岡冷麺

    朝鮮半島の平壌冷麺をアレンジしたのは、盛岡の青木輝人さんで昭和29年のことでした。昭和61年にはニッポン麺サミットに出品し、「盛岡冷麺」と命名されました。その最大の特徴はデンプンと小麦粉をベースにしたツルツルで「コシ」の強い麺と、牛肉と牛骨をベースに鶏ガラを加えた旨みの詰まったピリ辛のさっぱりスープにあります。

    盛岡じゃじゃ麺

    終戦後満州から盛岡にもどった高階貫勝さんが、ジャージャー麺をもとに日本の食材を使って、盛岡の人の舌に合うようにアレンジしたのが「じゃじゃ麺」です。きしめんかうどんに感じられるような太い独特の麺に、キュウリ、ネギをのせて、特製の肉味噌をからめて食べます。食べ終わった器に、卵と肉味噌と茹で汁を加えれば「チータンタン」の完成です。

    わんこそば

    岩手で、馬のことを「馬ッコ」と言うのと同じく、「わんこ」は「椀コ」から来ています。その由来は、南部藩の殿様が江戸に向かう際、花巻で食事を所望されたので、お口に合わないと失礼を思い、お椀に一口分のおそばを出したところ、美味しいと何杯もお代わりされたと言う説と大人数の集まりでそばを出すと食べるころにのびてしまうので、お椀に少しずつ出したとの説があります。

    #

    #

    #

    #

    Copyright ©AtomWebshop. Corporation, All rights reserved.