• トップ
  • みやげ菓子
  • 南部せんべい

    西暦1300年半ば南朝の長慶天皇が現在の青森県三戸郡南部町の長谷寺を訪れた際、家臣の赤松助左衛門が近くの農家からそば粉とごまを手に入れ、鉄兜で焼き上げて出したところから南部せんべいが始まったと言われています。天皇はこれを好み、せんべいに赤松家の家紋「三階松」と楠木正成の家紋「菊水」の印を焼き入れることを許したとされています。

    花巻銘菓

    花巻銘菓

    宮沢賢治の生まれた町「花巻」は温泉に恵まれた町でもあります。市の西部には花巻温泉郷、南西部には花巻南温泉郷があり泉質がちがう入浴が楽しめます。その花巻地元の銘菓をご紹介いたします。宮沢賢治の「注文の多い料理店」に出てくる「山猫軒」をモチーフにしたオレンジケーキなどご賞味ください。

    #

    #

    #

    #

    Copyright ©AtomWebshop. Corporation, All rights reserved.